FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | PAGE TOP▲

デロンギ・電気フライヤーで串揚げをしてみた件

大阪名物、串揚げ・・・・・・意外にも、大阪人はあまり食べないということですが、神戸にいる頃に、串揚げ専門店に行って、コースでいただいた串揚げは、おいしかった・・・・・・

その味が忘れられず、家庭でも出来ないのか?と思い立ったが吉日でした。(笑)

この夢の実現のために、揃えたのが、デロンギ電気フライヤー・・・・・

★ デロンギ・ディープフライヤー ★

私が、手に入れたのが、このデロンギ製のディープフライヤーDF380です。

CIMG5115.jpg

CIMG5123.jpg

必要とする油の量が、1.5~2Lですので、やや家庭では大型の部類に入るフライヤーです。

温度調節は、150度~190度で、1.5Lの油が適温になるまで、5~7分程度です。

実は、下のコンパクトフライヤーを買おうと思っていたのですが、丁度、ヤフオクにこのモデルが出品され、「大は小を兼ねる」かな?と思い、購入しました。

     SUN クリーンフライヤー DF-565

このタイプのフライヤーにしようと思ったのは、家庭で揚げ物をすると、油で周りが汚れる・・・・・、揚げた後の油の処理が大変・・・・・ということで、この2点がやっかいもので、揚げ物は敬遠されがちです。

しかし、このフライヤーは、蓋付きですので、あの、揚げている際に出る、ピチピチと飛んでしまう油の飛び散りがなく、後の掃除が大変楽だという利点があります。

また、油も、本体に入れたまま収納できますので、揚げた後の油の処理が大変楽です。時々、油濾しで、油をきれいにすればいいだけです。

これで、家内のご機嫌を損なわず、揚げ物が出来るというわけです。

★ 串揚げをやってみよう! ★

用意したのは、こちらの具材です。

CIMG5165.jpg

豚肉のフィレ肉、アスパラガス、ピーマン、うずらベーコン、レンコン、牛ステーキ肉です。

CIMG5164.jpg

CIMG5166.jpg

衣は、小麦粉に卵1個を入れて、適量の水を加えて、マグカップに用意しました。マグカップのような縦長の容器の方が、串揚げの場合、具材に衣を付けやすいという利点 があります。

衣を付けたら、パン粉の入ったパッドで、パン粉 を付けて、デロンギ・ディープフライヤーの中に・・・・・・・

CIMG5168.jpg

揚がったら、2度浸け禁止の「大黒屋 元祖なにわ名物串かつソース 250g×2本 」に浸けて、召し上がれ!

CIMG5167.jpg

  大黒屋 元祖なにわ名物串かつソース 250g×2本

やっぱり、揚げ立ちは、うまい!

一人の時は、次は何にしようかな?と思いながら、1本ずつ揚げるのも、またいいものです。

★ 作ってみての感想 ★

串揚げは、1本1本、次はどれにしようかな?と思いながら揚げると、趣向も最高です。

2度浸け禁止の専用ソースも、それなりに、趣があって楽しいし・・・・・

やっぱり、串揚げには、ビール! 揚げ立ちの串揚げに、ビールは最高!

串揚げは、楽しいし、ビールが、進むことは、請け合いです。(笑)

スポンサーサイト

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

2015/05/10 11:52 | 面白グッズ | COMMENT(0) | PAGE TOP▲

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トップへ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。