FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | PAGE TOP▲

家庭菜園キット「ペットマト」パクチーをトライしてみた件

家庭菜園キットの「ペットマト 青じそ 」をトライしてみましたが・・・・・・・

多分、発芽させるのに、気温が高過ぎたのだと思いますが、3度挑戦も、発芽せず、パクチーに方針変更 しました。(笑)

パクチーは、中国パセリとも言われ、中国では、香菜(シャンツァイ)、タイで、パクチー、西洋では、英語で、コリアンダーと呼ばれています。

ちょっと癖のある香り(カメムシの臭いという人も・・・・(笑))が、気になる方もおられますが、エスニック料理や、中国料理には、欠かせない薬味になっています。

特に、蒸し魚には、必須の薬味で、スーパーなどではあまり見掛けない食材ですので、自作していると、量が欲しいものではありませんので、有効に使えると思います。

ベトナム料理のフォーにも欠かせませんね。インスタント麺のフォーに、パクチーを加えるだけで、本格的なフォーに変わります。

★ 再挑戦! ペットマト パクチー ★

最初に買った、「ペットマト 青じそ」を再利用します。この商品は、アマゾンで買いました。

CIMG5485.jpg   

早速、開けてみると、中に入っているものは、こんなものです。

CIMG5490.jpg

粉末の肥料、アップサンド、青じその種、計量スプーンと、ペットマトホルダーです。

パクチーの種は、同じ時に、アマゾンで、買っていました。サカタのタネの製品です。

ペットマト青じその時と同様に、パーツをセットしていきます。

① ペットマトホルダーの中に、パクチーの種を3粒入れ、アップサンドで覆い、発芽を待ちます。今回は、やや涼しい部屋に移して、発芽を待ちました。

② 1週間後、まず、1つの種から、発芽が見られ、続いて、2つ目の種からも発芽が見られました。1つの種の中には、2粒の種が入っているので、1粒の種から、2つの芽が出ています。(6日目

CIMG6077.jpg

CIMG6078.jpg  6日目

③ 遅れて出てきた芽も同様に、2つの芽が出てきて、順調に成長しています。そして、3つ目の種からも、発芽してきました。最初に発芽した後は、結構、早く伸びてきます。(9日目

CIMG6087.jpg

CIMG6096.jpg  9日目

12日目には、10cmまで、伸びてきました。

CIMG6113.jpg  12日目

④ 発芽から2週間で、間引きになりますが、どれを残すのか?2本残すつもりですが、迷いますね。

⑤ 種植えから、2ヶ月で、収穫できるようになるはずですが・・・・・・どうでしょうね?

★ 栽培記録 ★

2105年9月6日   種植え
2015年9月12日  発芽

スポンサーサイト

テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

2015/09/19 18:36 | 家庭菜園 | COMMENT(0) | PAGE TOP▲

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トップへ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。