FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | PAGE TOP▲

マグカップとアルコールバーナーを使って、お米を炊いてみた件

CHS型アルコールバーナーは、火力が強くて、火焔がトルネードのように、まっすぐ上がることから、バーナーから、少し距離を置いた方が良いようです。(CHS型アルコールバーバーの作り方は、「CHS型アルコールバーナーを作ってみた件」を、ご参照ください。)

そこで、CHS型アルコールバーナー用の風防兼五徳を、空き缶を利用して、作ってみました。

これらが、出来上がったもののパーツです。

CIMG6956.jpg

まず、風防になる部分は、パイナップル缶(径:10cm)を使いました。このように、底の付近に、吸気孔を開け、トップの部分には、五徳が掛かるように窪み、排気用の欠き込みを作りました。

CIMG6960.jpg

底の部分には、滑り留めということで、100均で買ったすべり防止マットと貼り付けました。底には、噴きこぼれた汁や、灰などが落ちてこないように、吸気穴を設けていません。

CIMG6959.jpg

その上に、10cmΦの既製品の金物屋でみつけた鉄製の五徳(急須置き)を乗せました。

CIMG6963.jpg

この五徳、普段は、このように、密閉型アルコールバーナーの五徳として使っています。

CIMG6962.jpg

底が、10cm以内のクッカーなどを乗せるのであれば、このままでいいのですが、底が、10cm以上のクッカーやフライパンを乗せるには、もう1段五徳を上げる必要がありましたので、シーチキンの空き缶を利用して、嵩上げ用の五徳を作りました。

CIMG6965.jpg

10cm以上の底の調理器を使う際には、このような形になります。

CIMG6968.jpg

試行錯誤を繰り返して、やっと完成しましたので、ちょっと仕事が雑になっていますが、やっと使用に耐えるものが出来ました。

 CHS型アルコールバーナーを使って、お米を炊いてみよう! 

マグカップ(400cc、径:9cm)を使って、お米を炊いてみることにしました。

お米は、0.5合(100cc)、水、150ccを用意しました。

CIMG6973.jpg

アルコールは、30ccを入れて、スタンバイ!

CIMG6977.jpg

それでは、着火! マグカップの大きさが、9cmですので、嵩上げ用の五徳は使いませんでした。

CIMG6981.jpg

7分後には、沸騰して、このように、噴きこぼれてきました。

CIMG6983.jpg

12分後、蒸気が上がらなくなってきたので、ストーブからマグカップを降ろし、15分間蒸しました。焦げるのが怖かったので、ビビってしまって、ちょっと、少し早めに降ろし過ぎたかも? 

降ろした時には、まだ、燃料のアルコールが残っていて、その1分後に、燃料切れで、自然消火しています。合計、13分間、30ccのアルコールで、燃えたことになります

CIMG6985.jpg

さぁ、ちゃんと、ご飯が炊き上がっているでしょうか?

おおっ~~~! おいしそうに炊き上がっているようです!

CIMG6990.jpg

スプーンで掻き混ぜて、茶碗に盛りましたが、丁度、お茶碗1杯分でした。下の方が、ちょっと水っぽかったので、もう少し、加熱した方が良かったようです。(よく、飯盒やメスティンを、ひっくり返すシーンをみますが、これが原因だったんですね。)

ということは、アルコール30ccに任せておけば、丁度うまく炊けたという結果になっています。

CIMG6996.jpg

塩昆布と、味付け海苔で、炊きたてのご飯をいただきました。御馳走様!

スポンサーサイト

テーマ:こんなの作りました♪ - ジャンル:趣味・実用

2016/05/03 16:46 | アウドドア | COMMENT(0) | PAGE TOP▲

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トップへ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。