FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | PAGE TOP▲

自作アルコールバーナーを比べてみた件

これまでに、幾つかのタイプのアルコールバーナーを自作してきましたので、それぞれの特徴をまとめてみたいと思います。

■ 副室加圧型オープンジェット型 ■

こちらが、副室加圧型オープンジェット式 の完成品で、燃焼させると、下のように、ジェット孔から、火焔が上がり、ガスバーナーらしくなります。

CIMG6429.jpg

CIMG6442.jpg

原理は、下図のように、中央の部分に火をつけて、プレヒーティング をし、アルコールの温度が、65度くらいになると、アルコールが沸騰を始め、副室の蒸気が加圧されて、噴き出し、それが、火焔となるというものです。

img_9b.jpg  副室加圧式の仕組み

もっとも、一般的で、人気のあるアルコールバーナーです。

燃料のアルコールも入れやすいし、火力も一定していますし、本燃焼に入るにも、1分程度と、まずまず早く、本燃焼に入ります。

作り方は、「アルミ缶で、アルコールバーナーを作ってみた件」を参照ください。

■ 密閉型アルコールバーナー ■

構造は、とても簡単で、2個のアルミ缶を、同じ高さに切り、小さなジェット孔を、下の写真のように加工して、嵌め込んだだけのものです。

CIMG6477_20160504094306f74.jpg

CIMG6496_20160504094312159.jpg

特徴としては、小さな火焔が、長い間燃え続けるということです。丁度、飛騨コンロの固形燃料くらいの弱い火力が、長く続くので、固形燃料の代用品として使うことが出来ます。このサイズで、20分ほど燃え続けます。

欠点は、穴が小さいので、燃料を入れるのが、難しいのと、本燃焼に入るまでの時間が掛かる点があります。また、燃料を、上部の注入口から、溢れるまで注ぐ必要があり、燃料の量の調節が難しい点があります。

燃料が入れにくいという点は、スポイトのようなもので、注入することで解決できます。また、本燃焼に掛かるまで、時間が掛かるという点は、受け皿にアルコールをこぼして、外部から、内部のアルコール温度を上げる方法があります。

■ CHS(Capillary Hoop Stove)型 ■

CHS型のアルコールバーナーの特徴は、ジェット孔が、内側にあって、斜め上方を向いていることによって、火焔が、トルネードのようになって、高く、強くなることです。

CIMG6909_20160504094435c01.jpg

CIMG6921_20160504094437550.jpg

CIMG6924_20160504094438e75.jpg  トルネード

火力が強く、火焔がほぼ垂直に上がりますので、クッカーや鍋で、お湯を沸かしたりするのに適しています。

火力が強い分、燃焼時間も短くなりますが、本燃焼に入るのに、時間が掛からず、5秒ほどで、本燃焼に入ります

■ トレンチジェット型 ■

トレンチジェット型のアルコールバーナーも、密閉型と同様に、上下2つのパーツだけで作れるもので、最も簡単に出来るものです。飲み口を切り取り、折り込みを入れたパーツを、受け皿になるパーツに差し込むだけです。

CIMG6999_20160504094440e94.jpg

CIMG7003_20160504094441153.jpg

最大の特徴は、上の写真のように、バーナー自体が、五徳にもなる点で、五徳不要が最大の長所と言えるでしょう。しかし、やや安定性が欠けますので、使用時には、バーナーの大きさに合わせて、安定感のある軽めのクッカーのみで使用できます。

火力は、強く、アルミ缶1個で、簡単に作れるのが特徴となっています。

★ タイプ別アルコールバーナー比較 ★

 

副室加圧型 

密閉型 

CHS型 

トレンチジェット型 

火力 

強  弱  最強  強 
本燃焼までの時間  1分程度  長い  最短  最短 
燃料入れ  簡単  難しい  簡単  簡単 
燃焼時間  10~20分  長い  短い  短い 
作成難度  普通  簡単  やや難しい  簡単 
必要空き缶数  2個  2個  3個(2個)  1個 
長所  汎用性  弱火継続  強火集中  五徳不要 

各バーナーともに、長所、短所があって、結局、状況によって使い分けるということが重要かと思います。

私は、室内の風のない状況で、一人鍋や一人焼肉をしますので、固形燃料と同様の弱い火力で、長い間燃焼する密閉型を多用しています。

アルコールバーナーの場合、ガスの使用と同様、使用しても、クッカーや鍋が、煤で汚れるということないのが、いいところです。

ただ、アルコールバーナーは、風による影響を受けやすいので、屋外での使用は、風防が必須です。風防を兼ねる五徳や、据え置き型の風よけを用意しておく必要があるようです。

某メーカーからも、アルコールバーナーが売られていますが、性能的には変わりませんし、コスパが全く違います。自作だと、愛着も湧いてきます。幾つが作ってみて、お気に入りのものが出来た時の感激もひとしおです。

皆さんも、アルコールバーナーを作ってみてはいかがでしょうか?
スポンサーサイト

テーマ:こんなの作りました♪ - ジャンル:趣味・実用

2016/05/05 18:39 | アウドドア | COMMENT(0) | PAGE TOP▲

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トップへ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。