FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | PAGE TOP▲

象印コーヒー&ティーサーバーを使ってみた件

こちらが、朝のコーヒーを煎れようと思って買った、象印コーヒー&ティーサーバーです。

色々なところで、検索して探しましたが、すでに、製造を中止していて、逆に、「お宝品」になっています。

tear_7315-img450x600-1453639074wpoqej2548.jpg tear_7315-img450x600-1453639074y3rky82548.jpg

tear_7315-img450x600-14536390748x0jrq2548.jpg

こんな感じで、コーヒーや、紅茶を受けるドリップと、一時的に保温する魔法瓶が合体したような品物です。

朝、コーヒーを煎れるのはいいのですが、時間が経つと、すぐに温度が下がってしまって、がっかり・・・・ということが多かったので、ドリップした後、保温できるものはないかな?と思って、探していたら、ヤフオクで見つけて、ゲットしました。

「いつも、私が買うものは、ガラクタだ」と宣う家内が、「あなたにしては、ヒット商品 」だということで、評判がいいようです。

まぁ、下のようなコーヒーメーカーでもいいではないか?という方もおられるでしょうが、電源がいらないということで、電源の制約を受けないのが、いいのかな?ということですね。持ち運び、自由! (笑)

 

★ コーヒーを煎れてみましょう! ★

ドリップ部分は、フィルターを使わないで、直接入れてもいいようになっていますが、私は、後片付けが簡単なので、コーヒーフィルターを使っています。コーヒー豆は、キーコーヒーの株主優待でいただいたものです。

CIMG7266.jpg

コーヒーフィルターに、コーヒー豆を入れて、普通にドリップします。

CIMG7267.jpg

コーヒーメーカーで煎れるよりは、こちらの方が、おいしいと感じるのは、気のせいでしょうか? 気のせいでしょうね。(笑)

CIMG7269.jpg

ドリップが終わっても、このまま、蓋を閉めてしまえば、OKです。

ドリップする時には、摘みを真ん中の「ドリップ」にします。

CIMG7270.jpg

ドリップが終わって、コーヒーを、カップに注ぐ時には、摘みを、「そそぐ」にします。でないと、コーヒーが注げません。

CIMG7271.jpg

さぁ、温かいコーヒーが出来上がりました。

CIMG7273.jpg

朝食の、目玉焼きとミートローフを焼いている時間、保温状態になっていますので、食べる時に、コーヒーを注げば、温かいコーヒーがいただけるということです。

CIMG7275.jpg

★ 使ってみての感想 ★

コーヒーを煎れるタイミングと、食事をするタイミングがずれてしまって、ぬるいコーヒーを飲むことが多かったのが、解消されました。

欠点としては、ちょっと容量が少なくて、500c程度です。3杯分かな?

また、結構、容器を倒さないと、コーヒーが注げません。これは、慣れれば、済むことですが、最初は、コーヒーの入れた量が少なかったのかな?と勘違いしました。

忙しい、朝食の準備の途中で、時間の空いた時に、コーヒーを煎れておいて、後で飲むのにいいですね。

この商品の評価は、サイズの大きさに比べて、容量が少ないことがありますが、家内も気に入っていることもあって、(★★★★)です。

スポンサーサイト

テーマ:インテリア・雑貨 - ジャンル:趣味・実用

2016/06/22 18:06 | 面白グッズ | COMMENT(0) | PAGE TOP▲

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トップへ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。