FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | PAGE TOP▲

二重構造真空タンブラーを使ってみた件

真空2重構造なので、冷たいものは結露がなく、熱いものをいれたときは外側が熱くならないという、 「山善(YAMAZEN) 保冷温マジックタンブラー マット仕上げ 真空タンブラー ITD-450(MT) 」 を買ってみました。

CIMG7372.jpg  

CIMG7373.jpg

大きさは、直径約8.0cm、高さ約14.5cm、容量:450ccで、ステンレス製、マット仕上げです。

アウトドアで、ビールを飲むために買ったので、容量は、450ccを選びました。缶ビール350mlが、丁度一杯入るサイズです。

真空二重構造になっていて、保冷・保温能力が高いということです。

51EvVD1HqWL.jpg

★ ビールを入れて、確かめてみよう! ★

まず、記念の1杯目は、ちょっと高級な、ヱビスビールということにしましょう。(笑)

CIMG7425.jpg

丁度、350ml缶がぴったりのサイズで、タンブラーを触っても、全く冷たくなくて、結露もありません でした。

これは、いい・・・・・これまでは、珠洲焼のタンブラーを使っていたのですが、こちらも、泡が程よく出来て、いいものですが、表面に結露が出来てしまいます。

CIMG2600.jpg

珠洲焼と比べて、こちらのタンブラーは、ビールの温度も冷たいままで、最後まで、冷たいビールがいただけました。

摘みの鮎の塩焼きが焼き上がる前に、1本目が終了・・・・・2本目は、2016年の株主限定アサヒビールをいただくことにしました。(笑)

CIMG7427.jpg

こ、こ、これでは、ビールが、どんどんと進んでしまう・・・・・・(笑)

後日、BBQに出掛けた際に、ビールを飲んだ後に、氷を入れて、ハイボールにしてみましたが、こちらも、極めて、具合が良くて、屋外であるにも関わらず、氷の溶けるのが遅くて、長時間冷たくいただけました。

キャンプの動画を見ていると、このタンブラーを使用している方が多かったので、気になって、買ってみましたが、 予想以上の優れものでした。

調子に乗って、ウィスキー用の、250ccのものも欲しくなりました。(笑)

ただ、アマゾンのレヴューを見ていると、落としたりして、真空構造にダメージがあって、真空でなくなった場合には、ただのステンレス・タンブラーになるということですので、取り扱いには注意して、真空構造を壊さない注意が必要のようです。

このグッズの評価ですが、機能的には非常に良いものの、ステンレスですので、やや無機質な印象は否めないということで、(★★★★)とします。

スポンサーサイト

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

2016/08/02 18:09 | アウドドア | COMMENT(0) | PAGE TOP▲

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トップへ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。