FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | PAGE TOP▲

キャプテンスタッグ゙・アルミ・ローテーブルを使ってみた件

アウトドア へ持っていくグッズで、最も多くの人が持っているのが、このアルミ・ローテーブルと言っていいでしょう。

価格も、1400円程度と、買い易い価格設定になっていることもありますが、どのサイトでも、買っておいて損はないという、オススメ品になっていました。

特に、最近流行っているソロキャンプや、ラーツーなどでは、軽量で、コンパクト、ロール式になっていて、持ち運びも便利ということで、多くの方が利用されています。

私も、時々、家族とお花見みたいなBBQに出掛けていますが、グランドシートの上に、お弁当や、ビールなどの飲み物を置くのは、不安定で、落っことしたり、こぼしたり・・・・・

このお悩みを解消すべく、携帯用のローテーブル の「キャプテンスタッグ アルミロールテーブル アルミロールテーブルコンパクト M-3713 」を買ってみました。

CIMG7462.jpg  

CIMG7454.jpg

組み立て時の大きさが、幅:400mm、奥行:290mm、高さ:120mmで、収納時には、幅:70mm、厚さ:60mm、長さ:400mmになります。

重さは、約700gで、甲板が、アルミニウム(表面加工/アルマイト)、脚部が、鉄(エポキシ樹脂塗装)になっていて、甲板に直接、熱いものをおけるのが、オススメポイントです。

組み立ては、超簡単 ですし、ちょっとした飲み物や、熱いものを置くのに、最適なローテーブル(高さ:12cm)となっています。

それでは、組み立てていきます。付属の収納袋に入っていて、持ち運びも簡単です。

CIMG7453.jpg

収納袋から、本体を取り出すと、このように、5枚のアルミの甲板が、ゴムひもで繋がっていて、すぐに平らにすることが出来ます。

裏面にして、平らなところに広げます。

CIMG7455.jpg

次に、上の写真では、横になっている板を外して、縦に嵌め込みます。

CIMG7456.jpg

嵌め込んだら、脚になる部分を起こすと、組み立て完了です。

CIMG7458.jpg

表にすると、このような感じになっています。

CIMG7459.jpg

軽くて、しっかりとしたローテーブルが組み上がりました。

CIMG7460.jpg

早速、自作の焼き肉用ストーブの着火に使用してみました。

熱伝導のいいアルミ製ですので、熱いものを直置き できるのが、うれしい点です。

CIMG7580.jpg

ガスバーナーを使った調理にも、活躍してくれています。

CIMG7910.jpg

さすがに、最も売れているアウトドアグッズ・・・・・非の打ちどころがないコスパで、評判通りでした。

長い間、使っていると、ゴムの部分が、腐食するのかな?という気にある点はありますが、別に、繋がっていればいいだけですので、取り換えも簡単のようです。

また、折りたたんだ状態では、ゴム輪のようなもので、仮止めしないと、広がってしまいます。まぁ、これも、専用の収納袋に入れてしまえば、いいことで、大きな欠点にはなりません。

ということで、評判通りの使い勝手の良さ、コスパが良くてこのグッズの評価は、文句なしの、 (★★★★★)とします。

スポンサーサイト

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

2016/08/17 18:21 | アウドドア | COMMENT(0) | PAGE TOP▲

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トップへ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。